「ただ、彼と言い争っている点は、彼ら自身の宗教に関すること、また死んでしまったイエスという者のことで、そのイエスが生きているとパウロは主張しているのです。」使徒の働き 25章19節

パウロはフェストゥスの前で、そしてパウロを訴えるユダヤ人の前で、無実であると訴えました。
律法に対して、宮に対して、カエサルに対しても、何の罪を犯してはいませんと、主張しました。
そして、フェストゥスは、アグリッパ王とベルニケを前に、パウロの罪状を19節で説明をしました。

フェストゥスは、イエス様のよみがえりを信じた訳ではありませんし、パウロを弁護したいのでもありません。
自分が職務を正しく遂行していることをみせるために、パウロを利用しているにすぎません。
しかし、フェストゥスはパウロの証しを明確に披露することになったのです。
パウロが、イエス様のよみがえりを真っ直ぐにはっきりと証ししてきたことが良かったのです。

パウロが自分のことを主張したり、よみがえりを誤魔化したりしないで語り続けたことが明らかになったのです。
訴えられても、偽証されたとしても、パウロは一貫してイエス様のよみがえりを証しをして語り続けたのです。
その事実は隠せません。

私たちもイエス様を救い主と信じて、死からのよみがえりを証ししましょう。
その声は小さな声と行動かも知れません。
けれども、それは真実の主張となっています。そして大切な場面で、他の人にその事実が証しされるのです。

いつでも、どこででも、イエスが生きていると主張できる人でいたいものです。

シャローム