名古屋駅近くで礼拝を行うプロテスタントのキリスト教会
ブログ

今日のみことば

4月9日 遅くなることはありません

「彼らは貪欲で、うまくこしらえた話であなたがたを食い物にします。彼らに対するさばきは昔から怠りなく行われていて、彼らの滅びが遅くなることはありません。」 ペテロの手紙 第二 2章3節 信仰者には、困難があります。時には、 …

4月8日 悪いこと

「そこで、家の主人であるその人は、彼らのところに出て行って言った。「それはいけない、兄弟たちよ。どうか悪いことはしないでくれ。あの人が私の家に入った後で、そんな恥ずべきことはしないでくれ。」 士師記 19章23節 士師記 …

4月7日 愛を加えなさい

「敬虔には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。 ペテロの手紙 第二 1章7節 信仰には徳を加えてと、始まった教えは、知識、自制、忍耐、敬虔、兄弟愛を加えるように教えて、最後に愛を加えるようにと、結びます。 信仰に始まり愛 …

4月6日 向きを変えて

「こうして、ダン族は去って行った。ミカは、彼らが自分よりも強いのを見てとり、向きを変えて自分の家に帰った。」 士師記 18章26節 18章を読むと、ダン部族もここに登場するミカの家の人たちも、神、主を忘れて好き勝手に生き …

4月5日 いっさいを神にゆだねなさい

「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」 ペテロの手紙 第一 5章7節 ペテロは、手紙の最後に教会の長老である指導者にお勧めを語ります。 それはリーダーとして …

4月4日 目に見える良いこと

「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えることを行っていた。」 士師記 17章6節 「自分の目に良いと見えることを行なっていた」とあります。良いと見える、良いと思えることを行なっているのであれば …

4月3日 愛し合いなさい

「何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。」 ペテロの手紙 第一 4章8節 困難も経験している信仰者たちをペテロは励ましつつ勧めます。 主イエスと再会をする終末の日が近いことを教えるのです …

4月2日 また伸び始めた

「しかし、サムソンの髪の毛は、切り落とされてからまた伸び始めた。」士師記 16章22節 士師としてはまったくふさわしくない遊女デリラとの関係の中で、サムソンはデリラに騙されて、その特別な力を失い、ペリシテ人に捕らえられ痛 …

4月1日 みな、一つ思いになり

「最後に言います。みな、一つ思いになり、同情し合い、兄弟愛を示し、心の優しい人となり、謙虚でありなさい。」 ペテロの手紙 第一 3章8節 ペテロは主イエスを信じる人の生き方を示してきました。 その生き方をする時には、迫害 …

3月31日 ラボニ

「イエスは彼女に言われた。「マリア。」彼女は振り向いて、ヘブル語で「ラボニ」、すなわち「先生」とイエスに言った。」 ヨハネの福音書 20章16節 イースターの朝です。 十字架の死から三日目となる日曜日の朝の出来事を記しま …

« 1 2 3 204 »
PAGETOP
Copyright © シティリジョイスチャーチ / 名古屋市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.