名古屋駅近くで礼拝を行うプロテスタントのキリスト教会
ブログ

今日のみことば

6月18日 ついて来なさい

「イエスは彼らに言われた。「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」」 マタイの福音書 4章19節 イエス様がペテロとアンデレを弟子へと招かれた場面です。 わたしについて来なさいと、イエス様は呼ばれます。 …

6月17日 王様の敵

「ダビデはアキシュに言った。「私が何をしたというのですか。あなたに仕えた日から今日まで、しもべに何か過ちでも見出されたのですか。わが君、王様の敵と戦うために私が出陣できないとは。」」サムエル記 第一 29章8節 ダビデの …

6月16日 わたしはこれを喜ぶ。

「そして、見よ、天から声があり、こう告げた。「これはわたしの愛する子。わたしはこれを喜ぶ。」」 マタイの福音書 3章17節 イエス様がバプテスマのヨハネからバプテスマを受けられた時に、この声がありました。 天の父が発せら …

6月15日 主の御声を聞く

「あなたが主の御声に聞き従わず、主の燃える御怒りをもってアマレクを罰しなかったからだ。それゆえ、主は今日、このことをあなたにされたのだ。」サムエル記 第一 28章18節 サウルはペリシテ人との戦いを前にして恐れました。ペ …

6月14日 礼拝をするために

「「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました。」」 マタイの福音書 2章2節 救い主イエスが誕生した時に起きた出来事を記す2章です。 預言に …

6月13日 六百人

「ダビデは、一緒にいた六百人の者を連れて、ガテの王マオクの子アキシュのところへ渡って行った。」サムエル記 第一 27章2節 ダビデはサウル王から逃れるために、イスラエルと敵対するペリシテ人の地に住むのです。 そこを治める …

6月12日 成就

「このすべての出来事は、主が預言者を通して語られたことが成就するためであった。」 マタイの福音書 1章22節 今日から新約聖書の最初に戻って聖書通読とデヴォーションをします。 信仰の始祖と呼ぶべきアブラハムの名前が最初に …

6月11日 主は生きておられる

「ダビデは言った。「主は生きておられる。主は必ず彼を打たれる。時が来て死ぬか、戦いに下ったときに滅びるかだ。」サムエル記 第一 26章10節 サウル王のもとにダビデの居所が伝えられます。 サウル王はダビデと結んだ約束など …

6月10日 わたしはすぐに来る

「「見よ、わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを守る者は幸いである。」」 ヨハネの黙示録 22章7節 2章はヨハネの黙示録の最後であり、新約聖書の最後の章です。 ここに3回(7節、12節、20節)登場する大切なことば …

6月9日 主の時

「十日ほどたって、主はナバルを打たれ、彼は死んだ。」サムエル記 第一 25章38節 ダビデは逃亡生活の日々でも正しいことをしていました。 当時の慣習に従って、羊を飼う者たちを守っていました。 そして、羊の毛を刈る時には、 …

1 2 3 210 »
PAGETOP
Copyright © シティリジョイスチャーチ / 名古屋市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.