15日の主の日の礼拝は、子どもたちのために祝福式を行ない、主の祝福と守りがあることを祈ります。

29日からは、いよいよ2020年のアドヴェントに入ります。

今年は、コロナ感染拡大を防ぐために礼拝に集まることを自粛する期間がありました。今も、まだその脅威は完全に去っていません。

しかし私たちをすべての罪から救うために地上に人として生まれてくださった御子イエス様の誕生を祝うクリスマス、その日を待ち望み数えるアドベント(待降節)の期間を喜びながら迎えましょう。