「〜「わたしの羊を飼いなさい。」 ヨハネの福音書 21章17節b

ティベリア湖畔でのイエスさまとペテロたちの再会の場面の中心です。
食事を済ませた時、それもイエスさまがペテロたちのために用意してくださった食事を食べた後で、イエスさまはペテロに三度言われました。
「わたしを愛していますか」「子羊を飼いなさい」
「わたしを愛していますか」「羊を牧しなさい」
そして三度目にも「わたしを愛していますか」と、問われたのです。

誰よりもイエスさまを愛していると自負していながら、ゲッセマネの園で捕らえられて行くイエスさまを見捨て、その後にも、イエスを知らないと三度も拒んだのがペテロでした。
イエスさまは、そんなペテロを深く愛して、見捨てることなく、励まします。

イエスさまを拒んだペテロがもう一度、イエスさまに愛していますと答えるのは難しいのです。
でも、答えなければ失敗した傷も癒されませんし、新しく踏み出すこともできません。

イエスさまは、ペテロが三度、答えることを望まれます。
明確に、自信を持って答えることなどできないペテロが、それでも逃げ出さず、答えることで、癒され、慰められていくのです。
そしてイエスさまは、以前と変わることなくペテロを愛してると、大切な使命を託してくれるのです。
慰めと励ましは、イエスさまに新しく与えられた使命を受け取ることで実っていくのです。
使命を与えられているということは、イエスさまがいつもともにいてくださることでもあるのです。

イエスさまと顔を合わせて向き合っていきましょう。そして使命を受け取っていくのです。そこに平安と喜びがあるのです。
シャローム