「私たちは、自分が死からいのちに移ったことを知っています。兄弟を愛しているからです。愛さない者は死のうちにとどまっています。」 ヨハネの手紙 第一 3章14節

神が私に恵みを与えてくださり、神の子どもとしてくださいました。
私たちは滅びの子ではなく神の子どもです。
それは私がイエス様を信じたときに既に変えられたのです。
死からいのちに移ったとは、完成していると言うことです。
信じた後の修業や善行を重ねた結果として、神の子になっていくのではないのです。
信じたとき、信じたことによって、もう神の子に造り変えられたのです。
完成しています。途中ではありません。

しかし一方で、私たちは信じた後も、キリストに倣って生きることで、キリストに似た者になって行きます。
これはまだまだ途上です。未完成です。
しかしこの未完成が完成するのもキリストの力によって完成の日を迎えます。

未完成でも、互いに愛し合うことを知っています。実践しようといつも心がけています。
カインが弟のアベルを嫉み憎んだような生き方はしません。
愛する者は愛のうちにとどまり、愛し合う道を選びます。
それができるのは、神によって移し替えられているからです。
未完成の完成と言った私なのです。主イエスのとの再開の日の完成が楽しみです。
どんな形に完成するのでしょう。
シャローム