名古屋駅近くで礼拝を行うプロテスタントのキリスト教会
ブログ

今日のみことば

5月5日 頼ること分かち合うこと

「するとモーセは言った。「どうか私たちを見捨てないでください。というのは、あなたは、私たちが荒野のどこで宿営したらよいかご存じで、私たちにとって目なのですから。」民数記 10章31節 (2017新改訳) モーセが妻ツィポ …

5月4日 主の掟は一つだけ

「〜寄留者でも、この国に生れた者でも、あなたがたには掟は一つである。」民数記 9章14節 (2017新改訳) 過ぎ越しのいけにえの献げ方について、主の直接命じられている9章です。 しかしその時、死体によって汚れていると定 …

5月3日 レビ人をささげる

「レビ人を主の前に進ませる。イスラエルの子らは手をレビ人の上に置く。」民数記 8章10節 (2017新改訳) 祭司職に就くレビ人を任職していく場面です。 全イスラエル、12部族の中からレビ人は選り分けられて、任職をされま …

5月2日 12部族のささげ物

「主はモーセに言われた。「族長たちは一日に一人ずつの割合で、祭壇奉献のために彼らのささげ物を献げなければならない。」民数記 7章11節 (2017新改訳) 聖書は誤りなき神のことばである。 私たちはそう信じています。 聖 …

5月1日 エステル記から

「それで、王の門のところにいる王の家来たちはみな、ハマンに対して膝をかがめてひれ伏した。王が彼についてこのように命じたからである。しかし、モルデカイは膝もかがめず、ひれ伏そうともしなかった。」エステル記 3章2節 (20 …

4月30日 髪の毛を剃らないで伸し続ける

「彼がナジル人としての聖別の誓願を立てている間は、頭にかみそりを当ててはならない。主のものとして身を聖別している期間が満ちるまで、彼は聖なるものであり、頭の髪の毛を伸ばしておかなければならない。」民数記 6章5節 (20 …

4月29日 主の前に立つこと

「祭司は、その女を進み出させ、主の前に立たせる。」民数記 5章16節 (2017新改訳) 律法によれば汚れていると定められる人は、宿営の外に追い出されるとのことばに始まる5章です。 その上、人の妻が不貞を働いたと疑われる …

4月28日 最も聖なる

「ケハテ族の会見の天幕での奉仕は、最も聖なるものに関わることで、次のとおりである。」民数記 4章4節 (2017新改訳) ここには特別な時代の奉仕に関わることが記されています。 時代は出エジプトの時代です。即ち天幕、現代 …

4月27日 私は主のもの

「「イスラエルの子らのすべての長子の代わりにレビ人を、また彼らの家畜の代わりにレビ人の家畜を取れ。レビ人はわたしのものでなければならない。わたしは主である。」民数記 3章45節 (2017新改訳) ここには、私たちがこれ …

4月26日 宿営の方法

「次に会見の天幕、すなわちレビ人の宿営が、これらの宿営の中央にあって進まなければならない。〜」民数記 2章17節 (2017新改訳) 宿営するときの,各部族の配置が命じられます。 大きく二つのことが心に留まりました。 長 …

« 1 2 3 4 29 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © シティリジョイスチャーチ / 名古屋市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.