名古屋駅近くで礼拝を行うプロテスタントのキリスト教会
ブログ

今日のみことば

10月2日 まことに、まことに

「こうして人は言う。 「まことに 正しい人には報いがある。 まことに さばく神が地におられる。」」詩篇 58篇11節 神の公義を歌う詩篇です。 力ある者たち、すなわち、地位の高い者たちが不正をおこない信仰者を苦しめる状況 …

10月1日 たゆまず

「兄弟たち、あなたがたは、たゆまず良い働きをしなさい。」 テサロニケ人への手紙 第二 3章13節 手紙の終わりにパウロがこのように語るのは、怠惰な歩みをして、仕事もしない人たちがいたからです。 現代の私たちには想像できま …

9月30日 目を覚ませ

「私のたましいよ 目を覚ませ。 琴よ 竪琴よ 目を覚ませ 私は暁を呼び覚まそう。」詩篇 57篇8節 ここで詩人は、1節「あわれんでください。 あわれんでください」と祈り始め。 7節「揺るぎません。 揺るぎません」と、信仰 …

9月29日 主イエスの慰めと励まし

「あなたがたの心を慰め、強めて、あらゆる良いわざとことばに進ませてくださいますように。」 テサロニケ人への手紙 第二 2章17節 イエス様の再臨を迎える時には様々な問題が起きることをパウロは示します。 その時には、神、主 …

9月27日 信仰の成長

「兄弟たち。あなたがたについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません。それは当然のことです。あなたがたの信仰が大いに成長し、あなたがたすべての間で、一人ひとりの互いに対する愛が増し加わっているからです。」 テサロニ …

9月26日 ゆだねて祈る

「あなたの重荷を主にゆだねよ。 主があなたを支えてくださる。 主は決して 正しい者が揺るがされるようにはなさらない。」詩篇 55篇22節 1節で最初に、神に祈りを耳に入れて聞いて欲しいと、声を上げた55篇です。 詩人は苦 …

9月25日 目を覚まして

「ですから、ほかの者たちのように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。」 テサロニケ人への手紙 第一 5章6節 「身を慎んでいましょう」は、酔わないでとも訳すること理解することができます。8節のことばも同じで …

9月24日 祈りを聞いて

「神よ 私の祈りを聞いてください。 私の口のことばに耳を傾けてください。」詩篇 54篇2節 この詩篇は、ダビデ王に追われている時、それも危険が迫っている時に歌われたものです。 続く3節で、命の危険が迫っていることを訴えて …

9月23日 聖さ

「神が私たちを召されたのは、汚れたことを行なわせるためではなく、聖さにあずからせるためです。」 テサロニケ人への手紙 第一 4章7節 4章は、パウロの信仰者の歩み方、果たすべき使命へのお勧めです。 それは一言で言うならば …

9月22日 恐れる人

「見よ 彼らは恐れのないところで 大いに恐れた。〜」詩篇 53篇5節前半 この53篇は、全節が14篇とほとんど同じ内容です。 52篇、54篇ともに、ダビデがサウル王から逃れて逃亡生活をする中で、主の助けを祈っています。 …

1 2 3 78 »
PAGETOP
Copyright © シティリジョイスチャーチ / 名古屋市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.