名古屋駅近くで礼拝を行うプロテスタントのキリスト教会
ブログ

今日のみことば

9月22日 主にだけ頼れ

「役にも立たず、救い出すこともできない、空しいものを追う道へ外れてはならない。それらは、空しいものだ。」サムエル記 第1 12章21節 (2017新改訳) サムエルは、主がサウルをイスラエルの王として立ててくださったこと …

9月21日 主が救ってくださった

「サウルは言った。「今日はだれも殺されてはならない。今日、主がイスラエルにおいて勝利をもたらしてくださったのだから。」」サムエル記 第1 11章13節 (2017新改訳) アンモン人が兵を挙げて、イスラエルのヤベシュ・ギ …

9月20日 新しく変えられる

「主の霊があなたの上に激しく下り、あなたも彼らと一緒に預言して、新しい人に変えられます。」サムエル記 第1 10章6節 (2017新改訳) 主によって、ベニヤミン族のサウルがイスラエルの最初の王として選び出されています。 …

9月19日 予見者サムエルとサウル

「サムエルは料理人に、「取っておくようにと渡しておいた、ごちそうを出しなさい」と言った.」サムエル記 第1 9章23節 (2017新改訳) 主は、ベニヤミン族のキシュの子のサウルを、イスラエルの初代の王に選んでいました。 …

9月18日 王を求める心とは

「そうすれば私たちもまた、ほかのすべての国民のようになり、王が私たちをさばき、私たちの先に立って出陣し、私たちの戦いを戦ってくれるでしょう。」サムエル記 第1 8章20節 (2017新改訳) イスラエルの民がサムエルに求 …

9月17日 一生の間

「サムエルは、一生に間、イスラエルをさばいた。」サムエル記 第1 7章15節 (2017新改訳) 士師記の時代に続くのが、祭司であり預言者でもあるサムエルが活動した時代です。 この時代も、10節に記されるように、ペリシテ …

9月16日 償えない

「人々は行った。「私たちが送るべき償いのものは何ですか。」〜」サムエル記 第1 6章4節 (2017新改訳) イスラエルの神、主の契約の箱を自分たちの手では、どうしても手に負えないと分かったペリシテ人です。 祭司たちと占 …

9月15日 叫ぶ先

「死ななかった者は腫物で打たれ、助けを求める町の叫びは天にまで上った。」サムエル記 第1 5章12節 (2017新改訳) イスラエルの契約の箱を奪うことができたペリシテ人ですが、箱を置いたダゴンの神殿では、恐ろしいことが …

9月14日 どうして、打たれてしまったのか

「兵が陣営に戻ってきたとき、イスラエルの長老たちは言った。「どうして主は、今日、ペリシテ人の前でわれわれを打たれたのだろう。シロから契約の箱をわれわれのところに持って来よう。そうすれば、その箱がわれわれの間に来て、われわ …

9月13日 しもべは聞いています

「主が来て、そばに立ち、これまでと同じように、「サムエル、サムエル」と呼ばれた。サムエルは「お話しください。しもべは聞いております」と言った。」サムエル記 第1 3章10節 (2017新改訳) サムエルが初めて主からこと …

1 2 3 41 »
PAGETOP
Copyright © シティリジョイスチャーチ / 名古屋市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.