名古屋駅近くで礼拝を行うプロテスタントのキリスト教会

ブログ

10月22日 連れ帰る

「主は言われた。 「わたしは バシャンから彼らを連れ帰る。 海の深みからも連れ帰る。」詩篇 68篇22節 15節に登場する「バシャン」はガリラヤ湖の北東部にある高い山を指します。 68篇は、神さまの大能の力をほめたたえま …

10月21日 耳を傾ける

「真理から耳を背け、作り話にそれて行くような時代になるからです。」 テモテへの手紙 第二 4章4節 真理とは、真の神さまが語ってくださる真理のことです。 私たちが生きている、正確には生かされているこの世界、天と地のすべて …

10月20日 神さまの祝福と私の賛美

「神が私たちを祝福してくださり 地の果てのすべての者が 神を恐れますように。」詩篇 67篇7節 「どうか 神が祝福して〜御顔を照り輝かせてくださいますように」と、懇願して始まる67篇です。 わずか7節だけの明快な詩篇です …

10月19日 敬虔に生きようと

「キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。」 テモテへの手紙 第二 3章12節 イエス・キリストと出会い、この方を自分の救い主であると信じた人は、信じたときから生き方が変わります。 それも少 …

10月18日 日曜日礼拝説教動画

https://youtu.be/Y4KXAV7bEvw

10月18日 すべて語ろう

「さあ聞け すべて神を恐れる者たちよ。 神が私のたましいになさったことを語ろう。」詩篇 66篇16節 12節までは「私たち」と、複数形で語られています。 私たちとは、神を信じる人たちのことです。 彼らの住む国は、戦いに敗 …

10月17日 キリスト・イエスの立派な兵士

「キリスト・イエスの立派な兵士として、私と苦しみをともにしてください。」 テモテへの手紙 第二 2章3節 我が子のように思うテモテが、困難の中にあったので、パウロはテモテを励まします。 しかしその言葉は、ただ慰めたり励ま …

10月16日 全世界の神

「最果てに住む者も あなたの数々のしるしを恐れます。 あなたは 朝と夕の始まる所が 高らかに歌うようにされます。」詩篇 65篇8節 罪深いことを自覚する詩人の神さまへの応答で始まる詩篇です。 真の神の前には,私たちは呟き …

10月15日 熱心に探す

「ローマに着いたとき、熱心に私を見つけ出してくれました。」 テモテへの手紙 第二 1章17節 第二の手紙を読みます。 パウロは,愛するテモテが教会に仕える働きの中で,恐れと不安を感じていることを知って、励ますために手紙を …

10月14日 神の放たれる矢

「彼らは その舌を剣のように研ぎ澄まし 苦いことばの矢を放っています。」詩篇 64篇3節 神を信じないで,神を恐れない人が,神を信じて歩む信仰者を攻撃します。 信仰者のいのちを狙い、悪を企んでいます。 彼らの言葉は剣のよ …

1 2 3 83 »
PAGETOP
Copyright © シティリジョイスチャーチ / 名古屋市 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.